TOP > 取扱商品 > アスファルト販売
取扱商品
アスファルト販売

ストレートアスファルト
<ストレートアスファルトとは>
石油精製によって生産され、ストレートアスファルトまたはビチューメンといいます。一般的には伸度が大きく、軟化点が低く、粘着力が強いため、主として道路舗装に用いられています。
減圧蒸留の残油および潤滑油製造の際の溶剤脱瀝(ようざいだつれき)の残査で、ナフテン基原油または混合基原油に多く含まれています。 黒色の粘着性のある半固体物質で、加熱すれば軟らかくなり、徐々に液状へと変わります。
カッター剤を混ぜることで粘度調整をしており、元となる原油が異なることからメーカーによって若干の違いがあります。

【当社の主な仕入先】
 コスモ石油・昭和シェル石油・JX日鉱日石エネルギー ほか

【油種】
 ST60-80、ST80-100、ST150-200(数字は、針入度です。)

【出荷地】
 千葉・四日市・堺・坂出・八戸・塩釜・小名浜・新潟・金沢・広島 ほか

【用途】
 道路舗装、防水材料など

ストレートアスファルト ストレートアスファルト ストレートアスファルト

【製油所・油槽所一覧】 ※画像をクリックすると拡大します。
製油所 油槽所
<拡大> <拡大>


ストレートアスファルトを適正価格でご指定のお届け先へご指定の時間にお届けいたします。
まずはお電話ください!



天然・ブローンアスファルト
<天然アスファルトとは>
地表に滲出(しんしゅつ)した原油が長年月のうちに軽質分を失い、風雨にさらされ、酸化されてできたものです。
黒色の固体で、ストレートアスファルトと同様、加熱すれば軟らかくなり、徐々に液状へと変わります。
アスファルトの成分は、非常に複雑な多環化合物を主体としたもので、マルテン(油分およびレジン分)のなかにアスファルテンがサスペンソイド(suspensoids)の形で分散し、それらがコロイド物質を作っているといわれています。

【主な原産地】
 アジア・中東・北米・南米・北欧

<アメリカンギルソナイト>
インキ原料ページのアメリカンギルソナイト部分を参照してください。

その他アスファルト(海外品) その他アスファルト(海外品) その他アスファルト(海外品)
世界にはまだまだ沢山の石油原料が眠っています。
当社では、特殊ブローンアスファルトや天然アスファルトをはじめ、アスファルトと油を混ぜた製品など、世界中の様々な原料を取り扱っています。


現在使用中の原料のほかにも試してみたい、より安い原料を探しているなど、まずはお電話にてご相談ください。
お客様のご要望に応じてサンプルを手配させていただきます。
東京都千代田区九段北3-2-2 ユニコビル8F
Copyright © 2015 Umemoto Oil. All Rights Reserved.