防水材 販売, ウメモトマテリアル
TOP > 取扱商品 > 防水工事材料 > 工法説明
取扱商品
アスファルト防水
アスファルト、アスファルトルーフィングなどを数層重ね合わせて防水層をつくる工法です。
防水層が厚く連続しているため、施工のバラツキが少なく、防水の中で、最も古く、最も信頼性のある工法です。
主に鉄筋コンクリート造などの建物の陸屋根(ろくやね)などの防水工事に用いられます。

【主な工法】熱工法

【取り扱いメーカー】
田島ルーフィング
日新工業
 
 カタログ
 カタログ
 
改質アスファルトシート防水
アスファルトに合成ゴムなどを混ぜて低温での柔軟性を高めた材料をシート状にしたものをバーナーであぶり、溶かしながら下地に張り付けていくトーチ工法や、自着タイプ冷工法(常温工法)とがあります。
改質アスファルトはシート状になっているため、アスファルトを釜などで溶かす作業がなく、煙や臭いなどがほとんど発生せず、アスファルト防水に比べ施工の手間も掛からず、工期の短縮・コスト削減に優れており、環境面でも優れていると言えます。 耐久性および遮熱性にとんだトップコートもあります

【主な工法】トーチ工法、冷工法

【取り扱いメーカー】
田島ルーフィング
日新工業
 
 カタログ
 カタログ
 
シート防水
塩化ビニル樹脂で作られた防水シートを接着剤などで下地に貼り付ける密着工法と、ディスク板などで固定していく機械固定工法とがあります。

【主な工法】塩ビシート、ゴムシート

【取り扱いメーカー】 塩ビシート防水
田島ルーフィング
日新工業
アーキヤマデ
早川ゴム
 
ゴムシート防水
東洋ゴム
三ツ星ベルト
 
 
 カタログ
 カタログ
 カタログ
 カタログ
 
 
 カタログ
 カタログ
 
塗膜防水
ウレタンを原料にしたものやFRPを素材にしたものなどがあります。現在は工法、価格面も含め、ウレタン防水の需要が多くなっています。ウレタン防水(ウレタン塗膜防水工法)は、塗料状のウレタンゴムを屋上やベランダなどに刷毛、金ゴテ、ゴムべら、吹付機械などで塗って防水層を形成する工法で、基本的に主剤と硬化剤の2つの成分を混合して施工します。施工すると2つの成分が化学的に反応して硬化し、シームレスな防水層になります。
定期的にトップコートの塗り替えをする事により紫外線による劣化を防ぎ、長期間、耐久性を持続させる事が可能です。

【主な工法】ウレタン、FRP

【取り扱いメーカー】
ウレタン塗膜防水
田島ルーフィング
日新工業
AGCポリマー建材
東洋ゴム
横浜ゴム
 
FRP防水
東洋ゴム
双和化学産業
アイカ工業
九州塗料工業
 
 
 カタログ
 カタログ
 カタログ
 カタログ
 カタログ
 
 
 カタログ
 カタログ
 カタログ
 カタログ




東京都千代田区九段北3-2-2 ユニコビル8F
Copyright © 2014, Umemoto Oil. All Rights Reserved.